4年前の工房は工事中。(8/13)

最終更新: 2018年8月15日

今日も暑かったですねー。

皆様はお盆休みでしょうか?

昨日はペルセウス座流星群が一番きれいな日だったそうですー。

先日面白い写真を見付けました。

2014年8月のもの、ちょうど4年前です。

今のヘムスロイド村に完全移転するまでの道のりは本当に長く

こういう何の仕切りもなくただ天井が高いだけのコンクリートの建物でした。

これは・・・具体的に何をしているところなのかさっぱり思い出せませんが

(よくよく見たら奥の天井を貼ってますね。ここ、床も貼りました)

その年の11月に同じヘムスロイド村のガラス作家の東さんと

お互いの工房を使っての二人展をすることになっていました。

たぶん、それがあるから余計に焦って工事をしてたんじゃないかなーと。

それがなければ逆になかなかお尻に火がつかなかったかも知れません。



右手に映る茶色の壁は現在は白く塗られています。玄関を入って右側の壁です。

これは大工さんじゃなく、夫が主になって作りました。

あ、窓のところから裏にあった窯が見えてるー。


私たちが入る前にここを使っておられた方のものです。

当時、この下の写真の窯が工房裏にあって結構迫力があってこわかった。 ↓




今やこのように ↓ スッキリしました。




扉もアンティークのお店で買ったものをペンキで塗って



やれるところはなるべく自分たちでやって、難しいところは大工さんにお願いして



ここに至るまでがこれまた数か月。

二人展ギリギリになったように思います。

納品だけでなく、11月は「灯しびとの集い」にも出展したので

イベント用の制作もあったためだと思われますー。

夫、このころも既におじいちゃんに差し掛かっていたのに

よくやったなぁーと振り返って感心。

4年前はまだまだ細胞も若かったのでしょうかね。


今同じことをやれと言われても・・・アンチエイジングが必要ですな!


さっきの壁も



今やこういう背景になると美しく見えるものです。

これからの4年はまた別の新しい世界をつくって行く予定。待っててね♡ +

現在開催中

VOL.114_SEIKATSU KOGEI_EXHIBITION

生活工芸展


会期2018年7月21日(土)〜8月19日(日)

開廊時間11:00〜17:30

休廊日火曜場所gallery yamahon


出展作家

安藤雅信/井山三希子/岩田圭介/岩本忠美/内田鋼一 大谷哲也/大村剛/柏木円/金森正起/川合優/寒川義雄/紀平佳丈 小澄正雄/城進/杉田明彦/竹俣勇壱/竹口要/津田清和/土田和茂 つちや織物所/富井貴志/中村友美/ハタノワタル/福森道歩/古谷朱里 古谷宣幸/ヒガシ竹工所/細川由紀子/三谷龍二/三笘修/山田洋次 山本忠正/Bowl Pond/paisano/千sen


-utsuwa kobako- 最近まじめに更新していてどうしたんだ!と自分で思っています、ツ。

-utsuwa kobako-


Koto hemsloid #B
568 Hirayanagi-cyo,Higashiomi-shi,Shiga
527-0102

  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円

© 2018  -utsuwa kobako-